どんな電子部品を通販で購入できるのか

電子製品が故障してしまった時、故障部品を取り換えて自分で修理したいと思うことがあるかもしれませんが、分解や組み立て、電子部品の選び方と購入についていくつか注意点を知らないでいると、修理の際に他のところを壊してしまったり、部品を購入しても合わなかったりと直るものも直らなくなってしまいます。また、通販で電子部品を購入する際は、送料や販売の最小ロット数を確認していないと費用がかさんでしまうこともあります。電子製品は、安易に分解をしてしまうと、多くの場合メーカー保証が受けられなくなります。そのため、保証期間内かどうか、修理費の見積もりを取るなど、自分で分解修理を行う必要性を考え適切な判断をしましょう。また、様々な電子部品を組み合わせて電子工作をする場合でも、様々な部品が複数必要になりますので、じっくり調べられて比較しやすい通販での電子部品の購入のポイントをチェックしましょう。

通販で購入できる電子部品の種類と選び方

電子部品は、能動部品、受動部品、補助部品の大きく3つに分けられ、その中に役割の異なったたくさんの種類の部品があります。そのほとんどが通販で購入することができ、中には初心者向けの工具や部品のキットを販売している通販サイトもあります。多種多様な電子部品がたくさんありますので、通販での購入で一番多い失敗が電子部品の種類を間違えて購入してしまうというものです。間違えて購入しないように、必要とする部品の名称と役割、他の部品の動作条件をまず把握しておくことが重要です。型番がわからない場合は通販サイト内で検索し絞り込むことができますが、メーカーや製造年月日、部品の総称名などの情報が最低限必要です。また、電子製品の部品の交換の場合、部品の種類によってはメーカーの取り決めによって販売自体されていないものもありますので、電子製品の分解修理の場合はその点もよく考慮しておきましょう。

実際に通販で電子部品を購入する際のポイント

電子部品は動作条件を満たしていないと動かないだけでなく、他の部分の故障につながる恐れがあります。特に、メーカーの違うものを組み合わせる場合は、メーカーを超えた互換性までは表記されていないこともあり互換性の保証がない時があります。大量に部品を購入する前に、面倒でもサンプルとして少量を買いテストをして互換性や動作を確かめましょう。その際に1個から購入できるのか、送料や発送方法についても確認し、購入の最小ロットが必要分以上の場合は他の通販サイトでも探してみましょう。また、電子部品の性質上、一つ一つの店頭での検品が難しく使用してから動作不良の部品である場合もあるので、返品や交換、品質保証については必ず購入の前に確認しておきましょう。間違って購入した商品も一定条件を満たせば交換できる通販サイトもあるので初めての方はこのような点をよく確認し適切な電子部品を購入しましょう。